ランドセルを選択する際の人気の価格帯

ランドセルの価格の違いは革の素材・デザイン・機能性の違いによる加工処理で発生します。

 

ランドセルの画像

 

ここで、大きな差となるのは革の素材です。

 

本革であるか、合成皮革であるかなどで大きく変わってしまうのです。

 

 

人気となっている価格帯は、やはり3万円から4万円のミドルクラスのランドセルです。

 

これらのクラスであれば、6年間の耐久性も期待でき、安心して購入することができます。

 

3万円台の素材は合成皮革のものが多いですが、機能は充実しており、軽量・大きなファイル収納など文句の付け所がありません。

 

ミドルクラスとはいえ、4万円台となると本革をつかったりデザインに意匠を凝らしたものなど、他との差別化を図ってきています。

 

しかし、意匠を凝らすと言っても奇抜であったり派手ないやらしさは感じられません。

 

素朴でありながら上品な高級感を演出しているのが人気となっているのです。